トイレリフォームで最新式の便器を取り入れよう

subpage01

住宅が古くなってくると一番気になるのが水まわりです。
キッチンやバスルーム、トイレ、洗面所といった水を使う場所は、玄関や居室等と比べても劣化が激しいものです。頑固な黒カビが発生していたりヒビ割れや汚れがある住宅も少なくないでしょう。



このような悩みを改善してくれるのがリフォームです。



専門のリフォーム業者に依頼すれば希望通りの住まいが実現します。



住まいの中でもトイレは運気を左右する大切な場所とも言われているので、古くなったトイレはリフォームして甦らせましょう。
トイレリフォームは人気があり、最新式の設備を取り入れたり壁や床、天井の材質を替えて雰囲気をガラッと変えることも可能です。
具体的なイメージが思いつかない時は、インターネットでトイレリフォームの施工例を見ると参考になり色々なアイデアが浮かびます。また業者の方から提案を受けながらイメージを膨らませるという方法もあります。



トイレリフォームを行う場合は便器を新しい物に交換しますが、最近は高性能の便器が多いのでそれぞれのメリットを比較しながら選びましょう。
同じ温水洗浄便座もタンクが付いているタイプと付いていないタイプがあります。



便器の後ろにタンクがないと壁面にぴったり取り付けられるので、スペースは変わらなくても広々と使えるようになります。



フチなしで掃除がラクなタイプもあるので、便器を選ぶ時はショールームに足を運んで実物を見ながら選ぶことをおすすめします。


関連リンク

subpage02














トイレリフォームは内装と小物選びにセンスを発揮

トイレリフォームで快適な空間にするためには基本的に狭いからこそ、お洒落に演出できるようにすること、既存の排水管の位置に新規の便器が取り付け可能かどうかを確認すること、上階に新規でトイレリフォーム行う場合には、給水、排水管の経路を確認し、下階への音にも注意が必要になります。幅は1m長さ1.5mの広さを目安に、介護スペースを確保するためにトイレリフォームを行うのであれば、便器側に50cm程度のスペースを確保することが必要です。...

NEXT
subpage03














トイレリフォーム時に付加価値を付ける方法

どんな住居でも築10年以上を経過しますとトイレリフォームが必要な時期になります。そこでリフォームを希望されている方が満足してもらえる点についてのビジネスアドバイスになります。...

NEXT