アクセサリーにもこだわるトイレリフォーム

subpage01

トイレリフォームの際にこだわりたいのが小物類ですが、その位置が悪いと体をひねったり、半分お尻をあげたり、困ったことになってしまうのがペーパーホルダーです。



この使い勝手が案外、快適なトイレづくりのキモになります。たとえば、トイレリフォームをした際に、オープンな洗面、トイレ空間にしたけれど、紙に手が届かない、浴室や洗面の水がかかりペーパーがいつも濡れてしまうというようなこともあるのです。



そのようなときに役に立つのが独立したスタンド型のペーパーホルダーで、中には温水洗浄便座のリモコンが一体化したものもあります。



こうなればトイレが室内のどのような位置にあろうとも紙とリモコンがついてきてくれるので、トイレリフォームのプランニングの幅も広がるのです。
また、ペーパーホルダーは座っているときについじっと見つめてしまうという人も多いものですので、デザインのいいものを選ぶのがポイントになります。



アクセサリーに関しては、家具的な収納が取れない場所での収納パーツと考えて選ぶと使い方が広がるものです。



洗面を兼ねるトイレにある場合は、トイレの中でコンパクトに納まるタオル収納や新聞を読んだりする人であれば、新聞ホルダーがなどもあり、いずれもガラスやステンレスバー、ワイヤーが多用されるので、圧迫感がない仕上がりになります。


ステンレスはマット仕上げ、ヘアラインなど素材感があるものが人気でさびにくいですが、もらい錆には注意が必要になります。



関連リンク

subpage02














トイレリフォームは内装と小物選びにセンスを発揮

トイレリフォームで快適な空間にするためには基本的に狭いからこそ、お洒落に演出できるようにすること、既存の排水管の位置に新規の便器が取り付け可能かどうかを確認すること、上階に新規でトイレリフォーム行う場合には、給水、排水管の経路を確認し、下階への音にも注意が必要になります。幅は1m長さ1.5mの広さを目安に、介護スペースを確保するためにトイレリフォームを行うのであれば、便器側に50cm程度のスペースを確保することが必要です。...

NEXT
subpage03














トイレリフォーム時に付加価値を付ける方法

どんな住居でも築10年以上を経過しますとトイレリフォームが必要な時期になります。そこでリフォームを希望されている方が満足してもらえる点についてのビジネスアドバイスになります。...

NEXT